RSS Feed

背中脱毛をセルフで処理する一番最適な方法は

シースリーの脱毛は年齢別で頻度が変わる?

2016年7月15日

シースリーの利用者層で多い年齢シースリーは20代前半〜30代前半の利用者が多くなっています。
最近の脱毛サロンは料金がかなり安いので、学生で処理を済ませるケースも多いようです。
シースリーの脱毛は超光速GTR脱毛を導入し、45分で全身脱毛が可能となっています。
処理頻度は2〜3ヶ月に1回なので、予定を組むのも楽なはずです。
頻度が多くなるほど、予約を入れるのが大変になってきます。
頻度を決めるのは年齢ではなく、肌やムダ毛の状態です。

人により差がありますが、概ね2〜3ヶ月に1回の頻度となっています。
毎月通えば早く処理が終わると感じる方も多いでしょうが、ムダ毛には毛周期が存在しています。
毛周期に合わせて処理をしないと効果を得られないのです。

今見えているムダ毛は、全体のわずか3割だと言われています。
残りの7割は肌の奥底に眠っているので、まだ表面に出てきていません。
眠っているムダ毛にも光を照射するためには、1回の処理では絶対に足りません。
医療機関の脱毛にも言えることですが、絶対に1回で完了しない理由です。
全身をツルツルにしたい方は、定期的にシースリーに通うことをおすすめします。
サロンは自宅や職場から近いほうが、無理なく続けられます。シースリーを利用するなら何歳がいい?

シースリーの脱毛を始める年齢として最適なのは20代の前半です。
20代の後半と比べて肌が元気で、刺激に対して強いのが理由です。
お肌の曲がり角を過ぎると、急激に肌が刺激に対して弱くなっていきます。
20代後半からサロン脱毛を開始する方もいますが、20代前半のほうがよいのは間違いありません。
早いうちに開始するべき理由はほかにもあります。
年齢を重ねてからサロン脱毛を開始する場合、それだけ多くの自己処理を行うことになるからです。

シェービングで何度も処理している方は、肌がガサガサになっていくのを実感するでしょう。
これを解消するためには、シェービングを止める以外にありません。
シェービングは毛抜きやジェルよりもお手軽ですが、これらの方法よりも肌ダメージが大きくなります。
乾燥肌、敏感肌、色素沈着などを起こしやすいので、シェービングで処理している方こそシースリー脱毛を利用するべきでしょう。
肌にダメージを蓄積させてしまうと、比較的若い年齢から肌トラブルに悩まされることになります。
美肌のためにも、シェービングから早く卒業してしまいましょう。

背中脱毛をセルフで処理する一番最適な方法は

Get a Trackback link

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.